スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想残してたやつだけ 自作乙女ゲームの短め感想です

【Area:E】
from Dum spiro,spero
斎国華譚のロゴを担当させていただいているDum spiro,speroの軍ものゲーム、W主人公もの。
ラルフさんすきやああああああ先生すきやあああああ 先生ポジションがすきなわたしにはたまらんでした。
まだイリーナの方全然やってなくって、ユイのほうだけなんですけども……。ラルフさんのすれちゃって普通の恋愛がってのは、なんとなあく分かってしまってちょっと自嘲。ひぃいいどうすればいいか分からなくて試行錯誤してるラルフさんかわいい。
医療関係の専門知識がなくてもできるといえばできるのですが、分からないところがあったので調べながらやってた。いや、セーブ&ロード繰り返せばよかったなあと今は思うんですけど。
画面サイズが他のものとは違っていて大きいのですが、広い空間であることが感じられてよかったなと思います。640*480の画面ってどこか狭く感じていたので。

【瑠璃空の子鳥】【るりはろ】【白藍空の子鳥】【さくやさくらに恋ひにてし】
from ゆうあかり
瑠璃空シリーズはレムが一番好きだわ。やだあの自信満々の告白シーン。レムがどうしてもどっかのアリスの話に出てくる宰相を思い出してしまって(やったことはないんだけど)うさぎ耳を付けたくなってしまっていましたごめんなさい。あかんこのこすきだ。王道ツンデレキャラでにやにやしたのは初めてかも。
バッドエンドはあまり得意じゃないので全部後回しにしてたのですがアリスはよ!はよ!!ってなった。薄鈍空の子鳥まだやってないのでやったらまたかわるはず。
バッドエンドは、えぐられるでよ……。
シアンさんまじ苦労人(´;ω;`)ブワッ
るりはろのジェラルドさんうめえ。似合い過ぎわろし。ラファエルさん洒落になりません。
白藍空の子鳥はパラレルのジェラルドさんいいわあ最後のデレいいわあごっつあんです!!!!^q^ あんな未来だったら幸せだったでしょうのう。基本的に赤系の髪の色のキャラが好きなのでたまらんでした。
さくやさくらに恋ひにてしは三ノ宮さん不器用すぎてかわいいなにこのひとかわいい。かわいい。ちょうかわいい。まだ全部回収はできてないけどごちそうさまでした。望月大尉もおなか真っ黒そうでこの後どうなるんだろうにやにや。

【ミスト】
from プロキオン
マルセルさんやなひとやと最初思ってたけどやだこういうキャラストライクだわ。赤い髪というのも大変おいしくいただきました。
霧の国が一体なんなのかというのがゆっくり紐解かれていって、全体的にゆったりとした雰囲気があって良かったです。4時間弱号泣しながらやってました。なんというか、幸せの形はたくさんあるんだなあと思ったり、その幸せによかったねと涙を流さずにいられなかったのです。
竜騎士の青年が最後の出撃前に渡せなかったって髪留め渡してくれるのがとてもすき。なんだこのツンデレ。つっかかってきたのはそういうことかこのやろう。にやにや。

こうやって他の方の作品をやっていると、つくづくぶきっちょキャラすきやなー先生キャラすきやなーとおもいます。
スポンサーサイト

【感想】Majestic(fishpond)


アーティスト:fishpond
M3-2012春新譜
4曲入り 各500円(イベント頒布価格)

MOONside、STARsideの2種類があります。

Majestic MOONside
1. Wipe away your tears  作詞:螺旋 作曲:かちょろ 歌:螺旋
2. 届かない空        作詞 / 作曲 / コーラス:Ushimoumou 歌:みずたま
3. Moon Light Swindle   作詞 / 作曲:六歌 歌:螺旋
4. ハピネス・アンセム    作詞 / 作曲:宅見圭之輔 歌:螺旋・みずたま

Majestic STARside
1. プライマリ       作詞 / 作曲:KA=YA 歌:しっぽ
2. おおげさだよ      作詞:Ushimoumou 作曲:木下たまき 歌:しっぽ
3. 欺瞞          作詞 / 作曲:荒木一高 歌:みずたま
4. ハピネス・アンセム   作詞 / 作曲: 宅見圭之輔 歌:螺旋・しっぽ

今回の2枚のシングルは、曲順通りに相互する内容となっています。
MOON side では 男性側の、STAR side では 女性側の
お互いに絶対に知りえない、複雑な心模様をーーー 今この夜空に。


とのこと。
Majestic全体としては太陽神(男性)と月神(女性)のイメージをもっていて、MOONside男性側なのにおかしくねーかって言われそうなのですが、歌詞の内容だとか、楽曲から感じる、わたしのなかのイメージがそうだったのです。
MOONsideの歌詞が、いつも見守ってくれているような暖かさ、光のような存在に感じて、STARsideの女性の歌詞が儚い美しさを持っていて、まるで夜空にぽつりと浮かぶ月のように思えたんです。星のようにたくさんあるものじゃなくて、地球から見えるたったひとつの衛星。

互いに遠くて、近くて、ずっと離れない因果のような関係性。
男女の関係ってそういう感じだとおもうんですよ、片方が離れていきそうになったら、片方が追いかける。
とはいえ、互いに気になっていて、でも言えなくて、とかそういう状態での話なんですけど……。
別れの話もあるんだけど、とても明るい別れ方。互いに明るく振舞おうとして無理をしているような感じもあるのですけど、現代における男女の話としては、珍しいようにも思いました。
大丈夫、って自分に言い聞かせて離れていく、でも本当はね、っていう思いが見え隠れしている。そんな微妙な感覚や、思いを詞、歌、楽曲全てで表現している。おおげさだよ、が特に、無理して笑って、笑顔が作れきれていないけれど、って感じが浮かんでくるようなのです。

MOONsideは螺旋さんがメイン、STARsideはしっぽさんがメインのCDで、相互する内容になっていて、歌詞を見比べて、試みが純粋に、おもしろいなあって思う作品です。

月とか星とかが単語として出てきているわけですが、曲1つ1つの物語としては現代の、普通の恋人のおはなしだったり、暖かい新婚夫婦の話だったり、ちょっと大人な話だったりといろいろな男女のお話が見えるのです。
けれど、全体で考えてみると、わたしの「Majestic」は西洋系の神話がベースの物語におもえてしまうのです。

アポロンとアルテミスは双子の兄妹で、互いに愛しあっているけれど、兄妹で、という近親相姦の背徳感 を勝手に思っています。
そんな、なにしてんだテメェな二次創作 Majestic side table

【感想】Le petit bois(Clinochlore)


アーティスト:Clinochlore
M3-2012春新譜
7曲入り 500円(イベント頒布価格)

1. La memoire qur j'ai oublie
2. 暗闇と灯りと曖昧な輪郭について
3. さがしもの
4. ハナフルサト
5. からのことば
6. blind world
7. バウンダリーズ

柳川和樹さんと森野木々さんの二人組み同人音楽ユニット「Clinochlore」(クリノクロア)の1stCD(でいいのかな)、「Le petit bois」です。

M3-2012春新譜を旅行前に取り込みしながら聞いていて、たまらず感想かきたくなってブログにやってきた次第です。

小人さんが日常生活をしていて、森の中をかけている雰囲気、そんな小人さんをみている、迷子の少女のような、美化されたほうの白雪姫のような。その少女があわててかけていくような雰囲気もあって、どこか不思議の国のアリスみたいなイメージももたせてくれる。おとぎばなしを聞いているような感覚になるCDです。
森野さんの歌声が少女のような可愛らしさと、語り部のような落ち着きがあってとてもマッチしていると感じます。

歌詞カードが名刺サイズになっていてお手紙のようになっているのもとても可愛らしい。封筒をあけるとはいっているんです。その紙の色も自然的な色合いで、フォント(歌詞はふい字だった)の選び方も、やわらかな世界、楽曲の世界観にとてもマッチしている。
バナーにはありませんが、CDにある葉っぱ、植物をモチーフにしたロゴタイプが美麗です。そのあたりを、ぜひ手にとってみてもらいたいと思った作品。

柳川さんは「メルルのアトリエ」「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」などのBGMや歌の作編曲を担当されていた作曲家さん。それらの雰囲気が好き、という方は絶対損しないと思います。最新作の「アーシャのアトリエ」にも参加されているそうですよ。
サイトでこのCDの試聴もあるので、ぜひ聞いてみてください。
店舗委託頒布とかはちょっと見当たらないのでイベント専売かもしれない。

同人音楽オススメ3選!

お世話になってる同人音楽同好会さんの企画です。
今回の3選はM3-2011秋以降の作品ということで、しかも、聴き専じゃなくてもいいのよ\ズバァン/ってことで、あえて自分が関わった作品(秋M3:14作品、C81:4作品、ボーマス:1作品)を除外してオススメ3選をさせていただきたくおもいます。


ピコミール by NanosizeMir / BREAKS!

飛び交うBEAT 弾けるHEART
かっこかわいいなんとかサウンド あれもこれもやりたい放題



昨年発売になったKeyのRewriteのEDテーマを担当されてたりその他商業でも活動されているNanosizeMirのぴこぴこした音楽をメインにしているのがピコミール名義なのですが、その1stミニアルバムです。M3-2011秋新譜、全5曲収録です。
一秒あたり 約0.34円!とサイトに書かれているのですがこれもまた他のサイトでは見ない訴え方で面白いと思っています。(なのみ、ぴこみの他の作品でも書いてある)
試聴として、ノンストップミックスがあるのですがその時点で聞いていて楽しいです。試聴を聞いて直感的にどストライク! これ絶対買うわと取り置きをお願いした作品でした。
ぴこぴこ、といっていますがファミコンとかのそういうぴこぴこしてる感じじゃないです。あ、Tr4「ビットワールドのおひめさま」はちょっとモチーフがモチーフなのでぴこぴこしてるなあという感じです。
全トラックの中で、この「ビットワールドのおひめさま」が反則だった。
瑠奈さんにそんなセリフ言わせるんですか!って思いながら最初は聞いていたんですが何度も聞いてるとツボにはまる。この楽曲はモチーフがなにか、というのはすごく分かりやすい作品だとおもいます。歌詞を見るとおそらくわからない人はいないんじゃないかとおもう。


Starry Garden / Transmigration

それは、「終わり」のはじまりか―――



秋M3当日、売り子にてお世話になっていた紺野 聖さんのM3-2011秋新譜、5thアルバムです。
全6曲収録で、生と死をテーマにした作品。いろんな観点から生と死をテーマにしていて、輪廻転生だとか、永遠の別れ(死別)だとかこのアルバム一つで、いろいろな生き方、死に方(あんまりネガティブな意味で受け取らないでいただきたいけれど)があるんだな、と考えさせられる作品です。
Tr2「迷宮輪舞曲-メイキュウロンド-」の試聴がでたときに、「これが恋か!」と言わんばかりにどきどきしたのを覚えています。「星は落ちてゆーくー!」のところでハートぶち抜かれた。ズキューン!(CDが今妹の部屋で手元にないので歌詞を間違えている気が……する……ごめんなさい……)
Tr4の「光の色」はもう聞いてて、キャラクター(が明確にいるわけではないですが)に感情移入しちゃって涙が溢れてくる。光を掴んで進んでいく、こういうストーリーに弱いです……。
動画の作りも大変よく、楽曲の力強さに合っている動画になってます。60secPVこちら、クロスフェードPVこちら


Soranetarium / Jupiter mission:001

今宵、怪盗集団Jupiter.現る。

怪盗集団Jupiter

M3-2011秋、結月そらさんの個人サークル、Soranetarium名義で出ている新譜、全7曲(と言っていいのかはちょっとわからないけど)収録です。
ミュージカルCDというのがジャンルとしては適しているかなとおもいます。企画がでた時点ですごく楽しみだった作品。M3当日には回りきれなくて、購入したのはDOFesでだったのですが楽しみにしていた期待は外れませんでした。ミュージカルすき!って人にはすごくオススメします。
歌の部分、演技の部分それぞれテンポがよく、あっというまに時間が過ぎていて、えっもう最後!?ってなってしまう。ミュージカルCDってあまりないなあとおもうので、普段歌物だけ聞いている人、ボイスドラマメインの人どちらにも満足できるんじゃないかと個人的には思います。
このCD、カードが入っているのですが、わたしはイオのCV、aya*kさんの手書きメッセージ付きでした。手書きメッセージつきのカードとかどうやって同梱するんだろう、とか作る側としても興味のある作品です。盤面も青3色で綺麗です。


というわけで同人音楽オススメ3選でした。
担当させていただいた作品も超オススメするんですけど、自薦はどうだろうかとちょっとおもってしまったので今回は除外しました。
今回は企画に乗った形になりましたが、ほかにもCDの感想とか全然かけてなくて頭抱えてるんですけど、のろのろまた書いていきまする。
秋M3の作品だけになっちゃって申し訳ないおおーん……

同人音楽.book -2011 Winter- を読んだよ


同人音楽.book -2011 Winter-


あきばお~こく委託販売中

表紙デザイン担当だったC81新刊です。なんと全ページフルカラー。
ようやっとじっくり読んでいるところ。

◆感想
よくフルカラーにしたなあと制作者側として、純粋にすごいとおもいました。コスト的な意味で。
【今の同人音楽イベントについてと今後】で、特に交流についての話では、その一部の身内の交流関係に当てはまるので(12/24にやったクリスマスパーティのこととかも少し触れてあったので)、よく考えれば外側からはそうかと思ったり、たしかにアプローチがあればというのに同意見。
B型会であればB型なら!ということでお誘いしていることもあります。血液型だとか、条件がある場合は、名乗り出てもらえないと分からない場合もあるのでアプローチください、ですね。

今回フルカラーになったことで、CDクロスレビューとかジャケット18選のジャケットが良く映えている、分かりやすい、実際イベント等でふらっとそのサークルに立ち寄ったときに「あ、そういえばこれ……」なんて、思い出しやすいな!と思いました。大変いいです。

特にCDクロスレビューは枠線でかこってあったので、視覚的にも見やすかった印象を受けました。それぞれが好きだー!っていうのを書いてあって、視点が違っているので、なるほどこういう意見もあるか、と人それぞれ、様々感じることを一度に知れてよかったです。

ジャケット18選は、イラストだけではなくて写真(写真でもさまざま)のものも結構あるんだなあ!と思いましたし、そういう表現もありか!と作り手として参考になりました。前述していますが、フルカラーなので、ジャケットももちろんカラーです、該当サークルを何かの時にふらっとみることがあれば、思い出すきっかけにもなるのではないかなあと思います。

【そして僕は言葉で一度壊してしまおう】では、同人音楽とインディーズという二つの枠について書かれているところがあり、わたし自身以前から考えていたことがあったので、考えながら拝読していました。やっぱり曖昧だなあ、とはおもいますが、最後の言葉でたしかに、と思ってしまいました。どこに属しているかなんてあとあと。

インタビューは背景とかで多少色はあったものの、ぱっと見でだれがだれなのか分かりにくく感じてしまったので、カラーだったのだから人ごとに、名前の部分だけでも色変えてあれば見やすかったのかなあとか思いました。
文中に「w」が使われているのですが、わたし自身は特に気にしませんが、苦手な人もいるから「(笑)」だけにしたほうがよかったのかもしれないなあ……と読んでいて思いました。
サークルの制作内情が知れるのは同じ作り手としてどういうふうにやっているのか気になるので、大変参考になりました。

あきばお~こく委託販売中です。よろしくお願いします。

◆気になった点(制作者内部向けなのでグレーにしました)
・5P、3段目、8~9行目の「作曲の」が明朝体
・ぼますの表記が間違ってた。「THE VOC@LOiD M@STER」が正式
・8,10のノンブルのフォントがほかのところと違う。フォントサイズも?
・三点リーダ「……」の表記が、「・・・」だったり「…」だったりする
・10Pめの見出しの橙は意図的?
・インタビューページの!や?は半角にして縦中横で並べたほうが……
・人、サークル名、作品名はルビふってあると親切だとおもいました。読み方わからないのとかある
・25P、1段目2段目の境界線が他のところと違って黒ドットだった

Pagination

Utility

Search

リゼットの処方箋

2Dパズル系ポイント・アンド・クリックアドベンチャーゲーム!!

ブラウザであそべる無料ゲームです。
フォント制作でクレジットしていただいております。リゼット先生かわいいです。

M3-2015春











MOJAおしながきはこちら

C86








M3-2014春



melodybanner400.png




MOJAおしながきはこちら

About

雛瀬シズキ
グラフィックデザインとかWebデザインとかしてる人。

乙女寄りゲーム制作:
OzoneAsterisk
音系フリーダムサークル:
MOJA
コンセプトCDサークル:
Rit.
総合創作系企画サークル:
0から始めよう!

O3*Wiki 更新記録

創作Wikiの更新記録です。
(RSS読み込み)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。