スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼやぼややん

なんか最近独り言増えた(´・ω・)

とりあえず、やっぱり、眠さに負けない体がほしいのです。やっぱり、これが趣味なので、これで自分を追いやってたら意味ねーよ。て。でも、作ることが私の生きる行動理念で、作ってないと嫌で、仕方がないんだけど…。

うーん、どうもうまく作れなくて嫌になってる。やだやだ、こんな自分。自分の表現力を過信しているのだなと思いますた。有頂天ってか、うん、過信してる部分があるんだよ。ここ最近で。

眠い。もうやだ自分の体。眠いってばっか。口癖。
私にはそれだけの価値があるんだって、どうも自分をモノとして扱ってる節がある。だから、睡眠を極端に削っていた昔がある。今は寝るようになったけど。

最近、ちょっとまて私自身ってなんだよ、自分ってなんだって思う時が多い。
自分の本名忘れるとかどんだけやって。19年生きてて忘れたことなんてなかったのに。そのとき何考えてたんだ、私の頭は。

頭が真っ白だったのは覚えてる。ぱっと、「お嬢」って呼ばれて、現実に引き戻されたような気がして、
わたしって、だれだっけ?
って思った。なぜそう思ったのか判らない。


雛瀬(晴瀬だったときも含み)と本名、実在の私。どこか違う。猫を被ってるつもりなんてない。でも、違う。最近本名忘れたときに真っ先に出た名前が雛瀬の名前。私は雛瀬シズキであることには変わりはないけど、それは本名じゃない。なのにどうしてそれが先に出たのか不思議で仕方がない。晴瀬しずくの名前で生き続けたとはいえ、真っ先に雛瀬よ。どうして別の名前。中身は同じ人間なんだ。同じだよ、私は。なのにどうしてだろうな。

本名で呼んでくれる人がほとんどいないってのもあるのかもしれないと思った。間違えられる名前、苗字だってのもあって、年賀状でいつも間違ってるものがある。だから自分の名前が嫌い。かわいい名前だねって言われるけれど、それでも、私はどうしてこんな名前を付けたんだと親を恨んだこともあった。今となっては、気にしなくなった。当たり前にあるべき名前だと、なにも疑問に思わなくなった。私はその名前の人なんだって。変えられなんてしないんだ。

私の名前って、なんなんだろうね。て、自分に問うてみる。
雛瀬でいるときはネットの人だよ。オンラインの隅っこでデザイナーまがいのことをやっている人。創作者って感じがしなくなってきた。なんだか、物語を書くことが嫌になってきてる。楽しくない。紡いでもなにも生み出せない。昔の私には確固たる意志があったはずなのに、なんだったんだ、それ。

でも本名。本名の私って、現実に生きる私って何なんだろうって。判ってたり、言われたりして、ああそうなんだって思うけど、昔はそれを認めるのも嫌だった。どんだけプライド高かったの。高飛車め。

気が強くて、プライドが高い。マイペース、自己中心的。よくわからない。感情の起伏が激しい。気まぐれ。わがまま。真面目。感受性豊か。

何でもできる人だといわれるけれど、最初からできたわけじゃない。だから、天才なんかじゃない。親の知的教育あっての私。幼少時に芸術関係に多く触れていたから、こうなったのかもしれない。これは親のおかげでもある。その環境を与えてくれたのは、私の両親だから。

あ、なんかずれてる。何書きたかったんだっけ。

自分に自信を持たねえと意味がねえんだけど、それが行き過ぎるとナルシストになんじゃんよ。でも自分の力に少しでもうぬぼれてないとなんもできねえじゃん。
あたしはこれができるから、あたしは人と違うんだって思いながら生きてきて、ある種それは自己陶酔で。ひけらかしているように見えるだろうし、疎まれもするさ。そりゃね。変えようったって変えられない根本的なマイペースな部分があるんだもんよ。だけど、周りを気にしないで打ち込んで、熱中することはいいことだろ? 周りを気にしてばっかりじゃ何も生まない。生み出せなんてしない。そう思ってる。
作ることってある意味の自己犠牲なんじゃないかと思うこともある。楽しんでやるべきものかもしれないけど、当時のあたしにはそんな余裕なんてなかった。ただ逃げたくて、ネットに逃げてた。忘れたかった、あんな現実。今となってはもう過去の話だけど、ふと思い出してしまうと本当に嫌になる。どうして逃げてたんだろ、って。

でも逃げていたから今の私がある。それも判ってる。逃げていたから、物を作ることを生きがいとしていたんだ。それでしか生きている気がしなくて。自分の体には自分で傷をつけたくなかった、だから、って考えた結果がこれだったんだ。

でもなんだろう。凄い空虚感。
私はこの世界に必要がないような気がするの。

簡単に言ってしまえば「さみしい」。
置いていかれている気がして…いいや、進みすぎている気がして。
離れている気がして、一人だけぽっつーん。
それが別に嫌だとは思わないけど、でも、やっぱりさみしい。

誰かが傍にいてほしいのかもしれない。

私の存在を認めてくれる人が、やっぱりほしいんだと思う。
認めてくれている人がいたとしても、どうしても、それが本当に思えなくて、疑ってしまって。こんな自分にも嫌気がさすよ。

ああなんかぐちゃぐちゃ。なに、もう。なにしたいのよ私は。何のために生きてきた。なんなんだよこんちきしょう。あたしってなんだよ、なんなんだよ。
もーやだ。こんな自分。

Pagination

Utility

Search

リゼットの処方箋

2Dパズル系ポイント・アンド・クリックアドベンチャーゲーム!!

ブラウザであそべる無料ゲームです。
フォント制作でクレジットしていただいております。リゼット先生かわいいです。

M3-2015春











MOJAおしながきはこちら

C86








M3-2014春



melodybanner400.png




MOJAおしながきはこちら

About

雛瀬シズキ
グラフィックデザインとかWebデザインとかしてる人。

乙女寄りゲーム制作:
OzoneAsterisk
音系フリーダムサークル:
MOJA
コンセプトCDサークル:
Rit.
総合創作系企画サークル:
0から始めよう!

O3*Wiki 更新記録

創作Wikiの更新記録です。
(RSS読み込み)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。